読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまきの日記

クソ学生の日々の垂れ流し

2016夏の旅行:大阪編


こんにちは、たまきです。
お久しぶりですね、みなさん元気でしょうか。
僕ですか?久しぶりすぎて日記の書き方を忘れました。

そんな冗談はさておき、タイトルにある通り、旅行に行ってきました。期間は8/3〜8/10の八日間(!)
8/3〜8/8の五日間は大阪の友人宅にお邪魔させていただき、8/8〜8/10の三日間は岐阜県高山市に行きました。今僕は高山から帰りの電車に乗っています。
今回かなり長くなる予定なので、大阪編と高山編の二回に日記を分けたいと思います。(こちらは大阪編です。)

足はいつもの「青春18きっぷ」のみ。平たく言うとJRだけならいくらでも乗れるきっぷが5回綴りになった便利なきっぷです。
現時点ですでに記憶が曖昧なのですが、どのような行程を辿ったか書き綴りたいと思います。それではどうぞ。

・大阪編
時は遡り8/3、僕は前日の23時まで仕事があり、その上旅行の準備をしていませんでした。そんなわけで徹夜。何と言っても8日間の旅行です、友人宅で洗濯はできるとは言え、荷物は多くなります。なんとか持っていくもの全てを詰め込み、荷物の確認と腹ごしらえを済ませ、最寄駅へと向かいます。
今回、大阪へは二人で向かいました。僕ともう一人、大阪で宿を提供してくれる友人です。
友人は訳あって茨城の実家に帰省しており、タイミングがよかったので一緒に大阪へ向かうことになっていました。
集合は東京駅、流石に東京と言えど午前六時には人も少なく、難なく合流を果たすことができました。
ここからはいつも通りの電車。ひたすら鈍行で大阪へと向かいます。ただ、今回は18きっぷの旅行において初の途中下車をして食事に行きました。

降りた駅は高塚。静岡県ですね。そう、僕たちはあの「さわやか」に行くために途中下車をしました。
f:id:tmk_egg:20160810120144p:image
二人でげんこつハンバーグを食べました。大満足。
もう関東に帰ってもいいくらい。
どうでもいいけど下車する際改札に駅員がおらず、18きっぷを見せることが出来ず焦りました。(そのまま降りた)

もちろん旅は終わりません。そのままの足で大阪へ。いつもより少し遅めの17時過ぎに大阪駅に到着。今回はずっと座れていたので比較的楽でした。ただ眠気は酷かった。旅行前はしっかり寝ようね。

大阪での予定は特に決めておらず、いつも通りヨドバシカメラに入ったり梅田のラウンドワンに行ったり。梅田のラウンドワンで何人かの知り合いに偶然出会ったり。

その後友人に連れられ鶴橋へ。長旅お疲れ様と言うことで焼肉を食べに行くことになりました。鶴橋に到着した時点で焼肉のにおいがプンプンしていて、なんだこの駅はと思ったら降りて納得。駅の周り焼肉屋まみれでした。激戦区。

向かったのは「一龍」という焼肉屋さん。
盛り合わせが一万円するという普段口にすることはない値段の肉を食べました。
f:id:tmk_egg:20160810120934j:image
なんと友人の奢り。ごちそうさまでした。
ちなみに食べた時のリアクションが大きすぎたのか、隣の席の人たちに笑われていたらしい。仕方ないじゃない本当に美味しかったんだもの。

その後友人宅に到着。お世話になります。
荷物を置いて風呂を沸かし、互いに適当な話をして寝ました。一日目終了。

〜二日目〜
昼過ぎに起きました。おはようございます。
友人宅の足りないものを買いに行くためホームセンターへ。同棲感。
買い物を終えた後、ラーメンを食べて帰宅。
後の目的の為に持ってきていた氷菓のBDを視聴しながらダラダラ。友人が氷菓にハマってしまい、沼に突き落とした感覚がした。ついでにDisc一枚家に忘れてて泣いた。
確固たる予定がない為、ダラダラしても良いだろと思いつつ朝まで話し込み。日が昇る頃に就寝しました。ここは大阪。

〜三日目〜
昼過ぎに起きた。マジか。
この日は午後から、あべのハルカスへ向かいました。目的は別の友人の劇団による公演の観劇。
「劇団演りだおれ」という劇団の「遊園地の思想」という劇を見てきました。ジャンルは不条理劇で、
観終わった後に「よくわからなかった」と思わせるのが狙いのジャンル(と僕は捉えている)です。
不条理劇、個人的に展開が少なく、シンプルな構成なのが多いと思っていたのだが、この「遊園地の思想」は真逆で、怒涛の展開とハイスピードなテンポに翻弄されました。その上で役者の演技も自然で、劇に没入することが出来ました。良いもん観た。
観劇終了後、あべのハルカス内の蕎麦屋で食事。鴨つけそばとか食べた気がする。
帰宅後即就寝。眠かった。

〜四日目〜
しっかり午前中に起きました。
即座に準備を済ませ、二人で電車に乗ります。
行き先は京都!友人の好きなゲームの聖地とか神社とか回る予定!でした。

・・・なぜ「でした」かと言いますと、その日は35℃を超える猛暑。ただ立っているだけで体力を奪われる暑さの中、目当ての店は臨時休業、突然の雨、襲い来る疲れ等、色々あってやりたいことはあまりできなかったからです。行きたかった神社には行けず、カバンの中のアルフォートは泥、登りたい山は雨で泥。そもそも体力を奪われてしまっていて気力は雀の涙。

それでも!と訪れたのは「James kitchen」と「第一旭 たかばし本店」です。二月の京都旅行の際にも紹介しましたね。
f:id:tmk_egg:20160810124640j:image

f:id:tmk_egg:20160810124240j:image

二月の旅行を思い出しながら「冬にまた来よう」と約束しました。冬にも旅行することが確定したらしい。
泣く泣く友人宅に帰ります。その間に家に忘れた氷菓の埋め合わせをする為にTSUTAYAでDVDを借りました。そこまでして観たかったらしい。(ちなみにBDと借りたDVDで1つの話を除いて補完できた。その一つの話は「クドリャフカの順番」。正直一番見せたかった話。)
この日はこれで就寝。

〜五日目〜
17時に起床。ふざけてんのか。
いつもと同じことを大阪でやることに意味があると信じて活動開始。二人で氷菓を眺めながらたこやきを頬張る。熱い。この日はぼぼ何もしなかったようなしたような。友人のプレーするFPSを眺めながら目を回したり動画を見て笑ったり。家から出ることをせずこれで良いのか大阪といった風な一日を過ごしました。別にいいのではないか。
ちなみに朝まで起きていました。

〜大阪六日目/高山一日目〜
大阪の行程最後に向かったのは、「日本橋オタロード」と呼ばれる難波付近にあるアニメイトメロンブックスとらのあなゲーマーズなどのオタクショップが並んだ通り。
友人は新作のゲームを、俺はカフェインと睡眠を求めて歩き回り、難波駅で焼肉を食べ、友人と別れました。また冬に会おう。

そして僕は電車に乗り込み、大阪駅から高山駅へ向かいます。つづく。

大阪での五日間、側から見たらほぼ寝てた人になりましたが、かなり楽しかったので良しとします。
宿を提供してくれた友人、肉を奢ってくれた友人、大阪が楽しかったのは君のおかげだと思っています。てなわけでまた冬に会いましょう。お疲れ様でした。ありがとう。