たまきの日記

クソ学生の日々の垂れ流し

【別冊】今月のハードスタイル 創刊号

【別冊】今月のハードスタイルとは!

定期更新コーナーである【週刊】今週のハードコアから派生した企画であり、著者のたまきがハードコアに負けず劣らず大好きなジャンルである「ハードスタイル」の楽曲を好き勝手紹介するこれまた趣味全開のコーナーである!
 
こんばんは、たまきです。
始まりました『【別冊】今月のハードスタイル』!
今回、今月のハードスタイルは初めての更新ですので、こちらもまず、『ハードスタイル』そのものについてお話をしていきたいと思います。
 
まず初めに。
 
ハードスタイルって何だ?
ハードスタイル、僕自身もはっきりとはわかっていないのですが、1990年代からこのジャンルは存在しており、今現在でも広く普及している楽曲ジャンルです。
 
ですが、1990年代の「ハードスタイル」と、今現在の「ハードスタイル」は、名前は一緒でも中身は全く別のジャンルらしく、あえて僕が分かりやすい例を出すと、beatmaniaIIDX収録の「SOLID STATE SQUAD」と「MusiK LoverZ」、この二つの楽曲のジャンル名は「HARDSTYLE」と銘打たれているのですが二つの楽曲は共通点がほぼありません。誰がどう聴いても同じジャンルとは到底思えないほど、内容はかけ離れています。
 
昔はどちらかというとハードコア寄りのジャンルだったのですが、今ではBPMは早くても150付近で、その独特の雰囲気から、「ハードスタイルだ!」と一瞬で分かるほど、特徴を持ったジャンルになりました。
時代が移っていくに連れ、独自の進化を遂げ、今では唯一無二のジャンルとなった、ハードスタイルはそんなジャンルです。
 
じゃあハードスタイルの特徴って?
ここでは今現在流行りのハードスタイルの特徴についてお話しします。この日記ではこの「ハードスタイル」を取り扱っていきます。
 
特徴は大きく分けて2つ、まず一つ目は
キック』です。
 
ハードスタイルの肝となるのはこのキックと呼ばれる音。ファンの中では区別しやすいように「ハードスタイルキック」と呼ばれることが多いです。
言葉で説明しても初見の方にはなんのこっちゃって感じだと思うのでここで実際に「ハードスタイルキック」、聴いてもらいましょう。
いかがでしょうか。とても重く、それでいてとてもエネルギッシュで心が揺さぶられるような音でしょう?
この「ハードスタイルキック」が一つの大きな特徴であり、アーティストの殆どがここに力を注いでいるように思います。
 
そして二つ目。
メロディ』です。
 
ハードスタイルの肝となるキックは、当たり前ですがメロディがあって初めて引き立ちます。
多くのハードスタイルは音が多く無い分、荘厳で、派手で、時には泣きメロで、「心を突き動かす」事が出来るように出来ていると思います。
 
上記の事を踏まえた上で、ハードスタイル、実際に一曲聴いてみましょう。今回紹介する楽曲のテーマはこちら!
 
『---Look up at the clear sky』
 
今回紹介する楽曲は
Massive New Krew ft.YUC'e - UN1TE』です。
 
・楽曲情報
f:id:tmk_egg:20160421020901j:image
Title:UN1TE
Artist:Massive New Krew ft.YUC'e
Album:HARDCORE SYNDROME 8
 
HARDCORE TANO*Cのメインコンピレーション「HARDCORE SYNDROME」第8作目「HARDCORE SYNDROME 8」より、
「UN1TE」をご紹介します。
 
Massive New Krew独特の"エモ"さ(哀愁感)漂うメロディに、YUC'eの澄んだ声が重なる事によって生まれた楽曲がこのUN1TE。もちろんハードスタイル。
Massive New Krewの代表曲の一つとして知られ、
Massive New Krewのライブやイベントではアンセムとして扱われる事が多いこの楽曲。ハードスタイルを勧める上で、歌物が一番聞きやすいかなと思ったので選曲しました。
 
試聴はこちら
購入はこちら

UN1TE feat.YUC'e

UN1TE feat.YUC'e

  • Massive New Krew
  • ダンス
  • ¥150

・通販
 
・アーティストプロフィール
f:id:tmk_egg:20160421021839j:image
Massive New Krew
2008年に、Javelinとたちばなの二人のユニットとして結成され、2011年からハードスタイルユニットとして活動を開始。現在に至る。
HARDCORE TANO*Cのクルーとして楽曲を提供するほか、自身のレーベル「Massive CircleZ」では、レーベルと同名の「Massive CircleZ」シリーズを中心に、国内にハードスタイルを広める活動をしている。
国内のクラブでのライブ・DJ活動も精力的に行っている。二人が舞台の上で見せる唯一無二のパフォーマンスは、度肝を抜かれるほどの迫力があり、必見である。
ハードスタイルガールズ(今考えた)からの人気がとても高く、国内のハードスタイラーの中でぶっちぎりの人気を誇る若手ユニット。
しかし最近になって二人が不仲なのではないかという噂が流れている。
それとは関係ないが、楽曲は全て二人の合作ではなく、どちらかが作って二人のものとして世に出しているらしい。
今後、国内のハードスタイルを牽引する存在になるであろう注目のユニットである。
 
次回の更新は5/18です!お楽しみに!