たまきの日記

クソ学生の日々の垂れ流し

2/22 京都旅行 最終日

おはようございます、たまきです。
現在京都から帰りの夜行バスに乗っています。
バスではどうしても寝れない性質なので、集中して日記が書けます。やったー。

京都旅行も今日で終わり!というところで今日も11時に目が覚めました。体力がね、無い。
荷物をまとめてゲストハウスからチェックアウト。お世話になりました。

今日もかたさん、えむしあくんと行動を一緒に。昼飯からスタートです。

この日の昼に訪れたのは「James Kitchen」というお店。20日に行ったキラメキJAPANの隣にあるハンバーグ専門店です。かけてやりなよデミグラス。
f:id:tmk_egg:20160223040227j:image
食べたのはかたさんオススメのテリマヨ。マヨネーズは最強。肉汁がたっぷりで美味しかったです。

ちなみに、このJames Kitchen、略すとJKになるため、かたさんがずっと「JK美味しい」と呟いていて怖かったです。JKの肉汁は美味い(?)。
ハンバーグ!!!!!!!!!!!!!!!!

とりあえず京都駅に移動。かたさんは用事があり、ここで関東へ向かう新幹線へ。お疲れ様でした。
この時点で僕とえむしあくんは死屍累々、足としていた観光乗車券は昨日時点で切れており、足もなく行き先を決めることが出来ない五里霧中。

こういう時にゲームセンターが役に立つんです。
結局三日間ともゲームセンターに訪れる羽目に。
とはいえゲームセンターではそこまでお金を使っていないため、いい感じにバランスが取れたんじゃ無いかなと振り返ってそう思います。

そんなこんなでゲームセンターから見えた東本願寺に行くことに。

f:id:tmk_egg:20160223041025j:image
アクセス:京都駅北側から徒歩5分。
東本願寺とは:浄土真宗「真宗大谷派」の本山であり、ご本尊の阿弥陀如来を安置しているところです。
正直なことを言うとここら辺で話した内容、見た内容をほぼ覚えていません。何故ならとても眠かったからです。
ハードスケジュールな旅行はこうなりがちなのが難しいところだと思っています。

16時を過ぎ、えむしあくんが帰る時間に。
新幹線のチケットを買い、乗車時間までマクドナルドで暇をつぶしていました。机で突っ伏す僕。
えむしあくんと解散、お疲れ様でした。
また明日。

ここからは僕一人で行動、なんと僕は帰りのバスを23時に設定しており、夜まで時間を過ごさなければなりません。
そして僕は実はこの日の一番最初に京都市バスの1日乗車券を購入していて、元を取るためにバスに乗る必要があるのです。

さて、そんなわけで伏見稲荷大社にやってきました。

おととい書いたので割愛。
そうです、この旅二回目の伏見稲荷大社です。
なぜもう一度訪れたかというと、僕個人として京都で一番好きなところであるというのと、一人で行動のため、とある目的を達成できると思ったためです。
そのとある目的とは、稲荷山の登山です。
伏見稲荷大社、千本鳥居を抜けた先にもまだ、鳥居が立ち並んでいます。多くの人は千本鳥居で折り返し、駅へと戻ると思うのですが、その先、伏見稲荷大社の裏には稲荷山が広がっていて、そしてその登山ルート全てに鳥居が置かれているのです。
f:id:tmk_egg:20160223042404j:image
そんなわけで登山開始。登山と言っても230mほどの山なのですがね。

結論から言うと、言葉にしがたいほどの感動を得ることができました。あれだけ身体を蝕んでいた疲れと眠気は何処へやら、止めることなく足を動かしてしまうほどの景色がそこには広がっていました。
f:id:tmk_egg:20160223042753j:image
登山を開始したのは17:30頃、日が落ちる前でした。
その時間帯はまだ視界も安定していて、足元も見えやすかったのですが、頂上へたどり着く前に日が落ち、視界を支えるものは電灯だけに。暗い森の中、立ち並ぶ鳥居、そして俺一人。異世界に迷い込んだという怖さととめどなく溢れ出すワクワク感が混ざって終始ニヤニヤしてしまいました。

下山したのは19時前、感覚的には本当にあっという間でしたが、時間にして約1時間半。まだ時間があったのでもう一周するか本気で悩むほどでした。

夜の伏見稲荷、稲荷山は本当にお勧めです。足腰に不安が無ければ一度、挑戦してほしいと思います。

バスに乗り京都駅に戻り、夢から覚めたように戻ってきた眠気、疲れと戦いながら晩御飯。とはいえ京都駅付近のことは知らず、路頭に迷っていたところ、
Twitterのフォロワーさんが美味しいラーメン屋を教えてくれたので向かうことにしました。

というわけで訪れたのは「本家 第一旭 たかばし本店」です。
f:id:tmk_egg:20160223043136j:image
中位の太さの麺と旨みの効いた醤油ベースのスープ、
チャーシューとネギ。死ぬほど美味かった。教えてくれたフォロワーさんに感謝しつつ完飲。ここが京都で最後に食べたご飯となりました。

どうでもいいんですが、客を席に案内する店員さんの動きがとてもスマートで、惚れ惚れするほどでした。こちらの心を読まれてるのではないかと思うほどのスムーズさ、あっぱれ。

その後は特に何もせずに京都駅でボケーっとしてました。燃え尽きた。

さすがにこのまま帰るわけには、、、と向かった先は1日目の午後に向かったゲームセンター。
最後に和風な曲を連続で選曲し、これで本当に京都旅行は終了しました。

僕は今、京都での出来事に想いを馳せながらバスに乗っています。祭りの後、祭りではないですがとても物悲しい気分です。しかし、この三日間はとてもとても楽しいものでした。

今回三日間を一緒したえむしあくん、
二日目を共にした14番さん、マオトさん、
そして美味しい店や京都の案内をしてくれたかたさん。皆さんのおかげで楽しい旅行となりました。本当にありがとうございます。

また、近いうちに来たいと思います、京都。

それでは。

I will be back -オレは帰ってきた-

I will be back -オレは帰ってきた-

  • SUPER STAR 満-MITSURU-
  • サウンドトラック
  • ¥250