読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまきの日記

クソ学生の日々の垂れ流し

2/20 京都旅行 一日目

こんばんは、たまきです。
現在、京都の宿にて、日記を書いています。
今すぐにでも寝たいんですが、日記を書き上げないと一日を終われないので頑張ります。
一日歩いてたせいか足が臭い。
P.S 書けませんでした。

昨日の夜からバスに乗り、今日の5:20に京都に着きました。超早朝で太陽も登ってなく、誰もいません。バスで寝れずフラフラでしかも京都駅の周りをしらない僕は、この時間に空いてる店も当然知らず、適当に駅の周りを徘徊する結果となりました。

今回、前回の日記の通りえむしあくんとかたさんが合流するのですが、えむしあくんは僕が京都についた1時間後に新幹線に乗り、かたさんに関しては別用があり朝はきません。
そんなわけで8:30頃まで一人です。知らないところで。

京都駅を歩き回り、大階段を上ったり朝日を見たりしていると、かたさんから「京都タワー下の大浴場はどう?」と言われたので行ってみることに。
この大浴場の名前は「大浴場Yuu」というところ。
朝ですが、僕のようにバスで来た人や地元の人が集っているようで、開店時間から賑わっていました。

お風呂に入りさっぱり、少し目が覚めた僕は、
またしばらく京都駅周りをうろついてました。

なんだかんだでようやく8:30、えむしあくんと合流に成功。最初の行き先は「伏見稲荷大社」に。

今回京都を旅行するにあたって、市バスと京都バス、地下鉄が乗り放題になる「京都観光乗車券」を購入。
f:id:tmk_egg:20160221122354j:image
2日分で2000円、1日目だけでもとは取れました。

というわけで伏見稲荷大社に向かいます。が、
上の乗車券はJRは範囲外。伏見稲荷大社はJR駅が入り口目の前でとてもわかりやすいのですが、地下鉄の十条駅から歩くことに。
しかしこの日の京都は雨。しかも僕の腹の調子が悪く、京都駅でトイレにこもり、伏見稲荷大社に向かう道でトイレにこもり、雨には振られとあまり良くないスタートでした。

f:id:tmk_egg:20160221122639j:image
アクセス:JR稲荷駅目の前
市バス 南5系統乗車 稲荷大社前で下車徒歩5分。
私たちにとって一番身近な神社と言われる「お稲荷さん」、その総本宮がこの伏見稲荷大社だそうです。
伏見稲荷大社といえば、千本鳥居ですね。
f:id:tmk_egg:20160221123214j:image
鳥居がまっすぐにずらーーっと並ぶ光景は凄まじいものがあります。
f:id:tmk_egg:20160221123232j:image
京都に来たらまずここに行きたいと前々から言っていたので、とても感動しました。満足です。
僕たちはその後京都へ戻り、市バスで「三十三間堂」に向かいます。腹はこの辺りで落ち着いた。

(撮影禁止のため写真なし)
アクセス:市バス 100・206・208系統乗車 博物館三十三間堂前下車目の前。
正式名称は「蓮華王院」。本堂が三十三間堂と通称されており、その由来は横に33個並ぶ柱間と、観音菩薩の変化身33身に基づく数だそうです。

三十三間堂、言うまでもなく有名ですが、
本堂にならぶ千体の観音立像はとても圧倒的。
その中心にある「千手観音坐像」は、何かパワーを感じるような、素晴らしいものでした。

三十三間堂を出た僕たちは、その後徒歩で清水寺に向かいます。
清水寺といえば目の前の長い坂。五条坂と言うそうですね。お土産屋が立ち並ぶのを見ると「ああ京都だな」という気分になります。

f:id:tmk_egg:20160221183437j:image
アクセス:市バス 100系統乗車 五条坂下車
清水寺という名前の由来は、音羽山中から今も途切れること湧き続けている、音羽の滝に流れる霊泉だそうです。
個人的に京都と言ったらここ、という印象があります、清水寺
有名なのはやはり「清水の舞台」でしょう。
f:id:tmk_egg:20160221183849j:image
上に乗って下を見るのもよし、遠くを眺めるのもよし、人が多いことに目をつむればいいところです。

清水寺の順路を通っていると、途中で「ここから先
は険しい道だから足腰が弱い人は入るな」(意訳)と書かれている道があったので、入ってみたところ、
f:id:tmk_egg:20160221184022j:image
かなり急な坂で思わず「マリオカートかよ」と言ってしまいました。
f:id:tmk_egg:20160221184115j:image
どうやら「音羽路」というところらしいです。清水寺に行った際は是非。
(清水寺ホームページ:音羽山 清水寺)

ここらへんで僕たちは二人ともばてはじめてたんですが、まだ時間があったため銀閣寺に行くことに。

銀閣
f:id:tmk_egg:20160221184429j:image
アクセス:市バス D2系統乗車 銀閣寺道下車
正式名称を「慈照寺」。
銀閣寺の名前の由来は江戸時代、金閣寺に対し、銀閣寺と称せられることらしいです。
銀閣寺に向かうバスに乗った際、二人とも車内で寝てしまい、寝過ごしたかと思い込む出来事がありました(寝過ごしてなかった)、無事着けたのでなにより。
個人的に金閣寺より好きですね、銀閣
なんというか落ち着いた感じが好きです。
バス停で降りたのち、銀閣までの路の途中で
哲学の道」があるのですが、ここではえむしあくんと二人で「POSSESSIONだ」と騒いでいました。
(POSSESSION:Dance Dance Revolutionに収録されている楽曲。ダブルプレーモードの最高難易度の愛称が「哲学」。)

その後京都へ戻り、雨も強くなり疲れ果てた僕たちは結局近くのゲーセンを探して遊んでました。

そうしているとかたさんが京都に着いたので合流。
僕とえむしあくんが泊まる宿にチェックインし、晩ご飯に向かうことに。
今回僕たちの宿がかたさんの母校、京都大学のそばで、かたさんが学生時代に通っていたお店に行くことに。

来たのは「四川亭」というお店。
叡山電鉄元田中駅から徒歩5分にある店で、かたさんが学生のころ、週に3回も通ってたらしく、店員さんに「お久しぶり」と言われていました。
かたさんいわく「唐揚げがめちゃくちゃ美味しい」とのこと。

担々麺のお店なのに唐揚げとはこれいかにと思いながら注文。
f:id:tmk_egg:20160221191352j:imagef:id:tmk_egg:20160221192639j:image
担々麺、美味しい。辛い。
唐揚げ、これは美味しい!、パリパリでジューシーで噛めば噛むほど甘みが溢れます。素晴らしい。
また京都に来ることがあったら来たいなと思いました。
四川亭を出たあとはかたさんの母校、京都大学を散策。京都大学のエピソードやキャンパスの説明をしてもらったりしました。

その後は各自宿へ。明日も京都を観光します。

宿に着いた僕たちの一言目は「足が臭い!」でした。何故なら雨が降っていて靴に浸水していた上、生乾きのまま20kmほど歩き回っていたからです。
軽く小動物なら殺せてしまうんじゃないかというほどの臭いでした。キツい。
その後は銭湯に向かい、疲れ果てた僕は日記を書くことを放棄して布団に倒れこみました。

19日の昼から実に34時間。新宿→京都の移動から京都を観光し、約24km4万歩歩き回りました。今までの旅行の中で一番アクティブな日だったと思います。明日は大丈夫か!?それでは。

m1dy is Sexy

m1dy is Sexy