読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまきの日記

クソ学生の日々の垂れ流し

近況

こんばんは、たまきです。
おとといが締め切りだったレポートの息抜きに日記を書いています。
どうでもいいことを少しだけ。短めです。

冬コミが最高な話
12/29〜31の三日間、東京ビッグサイトにて
コミックマーケット89(以下冬コミ)が行われます。
僕が一般客として参加するのは3日目。音楽系の同人サークルが集う日です。
この時期にはもうTwitterのタイムラインが告知でいっぱいで、情報を収集するのがとても楽しいです。なんだか遠足の準備をしてるような気分。
もちろん、自分の好きなアーティストさんがどんなCDを出すかというところに目を向けるんですが、今回はすごい。僕の好きなアーティストの殆どがソロアルバムを販売するという告知をしており、もうすでに遠足を待ちきれない子供状態なんですね。寝れねぇ。
あの人が出すのかー!って喜んでたらTLにひょこっと「僕も出すよ」と言った感じで出てきていて、連日大騒ぎです(もちろん僕のために出してるわけじゃない)。
前日のお泊まり会と合わせて楽しみです。

・好きな作家さんの新作を見逃していた話
この日記で何度か紹介している(そしてその記事を何度か消している)「三秋縋」さんという作家さんがいます。僕は三秋さんの作品が大好きで、新刊が出るたびに販売日のうちに買うようにしているのですが、8月と9月に新作を発売していることに全く気づいていなかったことに昨日気づきました。
はっきり言ってめっちゃ悔しかったです。お前それでいいのか、ファンとして失格じゃないのかという葛藤がありました。
そんな三秋縋氏の新作、
「君が電話をかけていた場所」(上巻)と
「僕が電話をかけていた場所」(下巻)は書店や通販にて絶賛販売中だそうです。僕はまだ買えてませんし読めてませんが、買って読んだら追記します。絶対に良いものです。見かけたら買おう。
(「君が電話をかけていた場所」の紹介ページ→君が電話をかけていた場所 | メディアワークス文庫公式サイト
「僕が電話をかけていた場所」の紹介ページ

今年もあと少し!それではこのへんで。