読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまきの日記

クソ学生の日々の垂れ流し

6/14 元気くんバンド

こんばんは、たまきです。
1月ぶりの更新となりました。ついに月一までペースが落ちたことで、僕の怠惰っぷりを見せつけることができているのではないのでしょうか。
梅雨入りしたそうですね、そのくせに気温は高く蒸し暑い日が続くようです。気分が下がります。前髪はくるくるします。

さて、今回はしっかりと「書くこと」を用意しました。
本日6/14、渋谷のRUIDO K2というライブハウスにて、「元気くんバンド ワンマンライブ」がありました。僕もこれに参加してきたので、そのことについて書こうかと思います。

まず、元気くんバンドとは。
HARDCORE TANO*Cのメンバーであり、beatmaniaIIDXに曲を提供していることで有名なDJ Genkiを筆頭としたバンドであり、メンバーはDJ Genki(Gt)、寿司(Massive New Krew)(Dr)、かめりあ(Ba)、Yukacco(Vo)の四人です。
どうやらとあるイベントで即興で組まれたバンドらしいです。(なんじゃそりゃ)

会場は上記の通り「RUIDO K2」、渋谷駅から徒歩で10分ほどのところにあります。
開場は16:30、僕は今回もチケットを事前に購入してあり、スムーズに入場することができました。

クラブイベントには何度か足を運んでいる僕ですが、ライブハウスに来るのはこれが初。
クラブハウスと大きく違う点はステージがあるかないかという点でした。
クラブでのメインは音楽、ライブでのメインはライブアクトといった違いからなのでしょうか。

今回のこのイベントでは元気くんバンドによるライブだけでなく、各メンバーのDJタイムがありました。
17時になりイベントがスタート、メンバーがステージに立ち、その場でDJの順番を決めるくじ引きを引き始めたのを見たときは笑ってしまいました。

結果として1番手がDJ Genki、2番手がMassive New Krew(上記の寿司とたちばなによるユニット。)、3番手がかめりあに。(YukaccoはボーカリストのためDJはなし。)

正直なところ、誰が最初になろうがトリになろうが盛り上がりは変わらなかったでしょう。
何故なら三人が三人ともとても実力のあるDJ、クリエイターだからです。
DJ Genkiは持ち前の明るさ、そして突飛な選曲で沸かします、一番跳ねたと思う。脚が痛い。
MNKはハードスタイルのユニットなのでもちろんハードスタイル。腕をブンブン振り回します。ゴォン。
かめりあはEDMを中心としたDJプレイ、ゆっくりとした曲から始め、後半になるにつれてBPMが上がっていきます。一番踊った気がする。

この時点でもうクッタクタの汗だくですが、メインはここから。元気くんバンドの登場です。
バンドだけあって生演奏がすごい。普段見てるDJ達がDJしてる時とはまた違う人に見え、違う魅力が見えてきます。オリジナル曲を何曲か演奏した後、一度退散。いわゆるアンコールというやつですが、メンバーがステージの後ろのドアから出ようとする瞬間に、関係者席から「アンコール!!!」との声が上がります。はやい。

その後、ボーカルのYukaccoの代表曲メガミックスを歌い上げ、最後になんとあのDJ Norikenの名曲「Jingle」のバンドアレンジを歌い上げて去って行きました。またこういう風なイベントをやるとのことなので楽しみです。

さて、一月ぶりの更新ですがいかがだったでしょうか。自分でもダメだなぁとは思いますが、書くことが本当にないんですね。もっと視野を広げて、シマウマのように横まで見る勢いで日常の中からトピックスを取り込みたいなと思ってます。思うだけならタダ。

次のイベントは6/28のbecone!音ゲークラブイベントとなります。川崎駅徒歩五分の「月あかり夢てらす」で14時から開始らしいですよ(ダイレクトマーケティング

明後日あたりにまた更新できるかと思います。
僕はついにあの据え置きゲームに手を出すゲソ。(これは違うか。)
それではまた。

Jingle

Jingle

  • DJ Noriken
  • エレクトロニック
  • ¥150

New Style

New Style