読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまきの日記

クソ学生の日々の垂れ流し

1月の終わり/受験シーズン

こんにちは、たまきです。
もはや週一更新となってしまってますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

更新時点では2/1になってる?気にすんな!一月は終わらねえ!(?)

さて、一年の始めの月一月が終わろうとしています。ICHIGATSU NO OWARI。皆さんはいいスタートを切れましたか?僕は例年に比べるとかなりの好スタートを切れたと思います。心配なテストも終わって、点も終わってて。
明日からは二月、節分で豆を食べ、バレンタインでそわそわする季節ですね。
中学高校三年生の皆さんは受験ですね。
頑張って欲しいと思います。

上の文章を書いてて、ふと自分の受験の話でもしたら良いのでは?と思ったので少し、話したいと思います。(今回の日記は見切り発車。)

僕は、今通ってる高校は第一志望ではありませんでした。しかし、内申が少し低かったために、第一志望高校はやめておいたほうがいい、と先生に言われ、レベルを1段階(今考えると2.3段階は下げてる)下げることになり、結果今の高校を受け、合格しています。
しかも私は滑り止めを一切受けてません。落ちたらもう奈落の底でしたから、落ちるわけにもいきませんでした。

受験には模試がつきもの、僕も受けました。模試当日は喉の風邪と寒気がひどく、暖房の効いた会場で咳き込みながら震えてた思い出。あの時一緒の会場だった方々には申し訳なかったと思ってます。今通っている高校に志望校を設定し受けたのですが、この高校を志望している人の中での順位みたいなのが4位とかで、A判定でした。 

この結果を受け、僕は余裕をぶちかまし、一切の受験勉強をせず、今の高校に受かっています。これを考えると少し勉強して第一志望狙うべきだった、と今でもたまーに後悔します。今の高校に通っててよかったなーってことが最近生まれてくれたからいいものの、これが無かったら後悔したまま卒業するんだろうな。

先日、願書を提出しに来ている中学生たちを見ました。初々しいなぁと思いつつ、昔の自分と比べて懐かしくなりました。初めはめちゃくちゃ遠いところみたいな認識あったなぁ、とか、受かるかなぁという不安を思い出しました。

以上僕の受験話でした。

皆さんは悔いのない受験にしてほしいと思います。結局月末の話題からはずれましたが、今日はこの辺りで失礼します。では。