読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまきの日記

クソ学生の日々の垂れ流し

近況

こんばんは。たまきです。

更新頻度が落ちすぎていて、何から書いたものか分からないのですが何か書こうとアプリを立ち上げました。そういえば四月に更新がないのはブログを始めてから初めてかもしれない。

それはさておき五月ですね。四月に桜はあまり見れず、GWは仕事に追われ、GWが終われば学校に追われとかなり忙しい毎日です。そして暑い。

もともと汗かきな僕にとって、春というのはこれから迫る暑さの序章であり、序章のくせして既に結構暑いという季節。嫌いじゃないけど好きでもないよ。

さて、そんな更新してなかった時期にも書きたい出来事というのは結構あったので、いつも通りまとめて更新したいと思います。

三月の旅行の話は、、、そのうち。

 

・クレジットカードを作った話

三月の旅行前にクレジットカードを作りました。作成した目的は海外のサイトから楽曲を購入するためだったのですが、これがかなり便利。

今まではかなりハードル高く感じていたあのサイトやこのサイトが想像の数倍手軽に利用でき、なおかつ家から出ずに曲が買える。

「そりゃまあCDが売れなくなるわけだ」と一人納得しつつ、DL販売っていうのは素晴らしいなぁと感じました。

もちろんCDも好き。

現金を持ち歩かなくてもものが買える手軽さと、インターネット上でものを買う上で必須なアイテムだったので、作って良かったなと思いつつ、この手軽さから支払いに追われることの無いように気を付けたい。

 

・Pioneer DDJ-RBを購入した話

*DDJ-RBとは?

f:id:tmk_egg:20170515035157j:image

Pioneerから出ているPCDJ用のコントローラ。DJ用楽曲管理ソフト「Rekordbox」のフルバージョンが付属されており、これ一つでDJを始めることが出来るコントローラ。定価は三万円ほど。

DJをする上で必用な機能を一通り揃え、僕程度のスキルなら不満無く使えるコントローラで、初心者から上級者まで様々な人に愛されているDJコントローラ。

DDJ-RB PERFORMANCE DJ CONTROLLER (black) - Pioneer DJ

僕は趣味でDJをしており、現在も一つのイベントを運営しているのですが、家でDJをする環境がなかったのです。そんなわけで今までずっと欲しかったのですが、GWの暇に合わせて購入しました。

これでやっと家で練習が出来ます。むしろ今までどうしてたんだって聴かれそうですが、現場で人の繋ぎを眺めて見よう見まねで真似したり、アプリでちまちまやってました。

Q.何故DDJ-RB?

DDJから始まるDJコントローラは数種類あり、幅広く機能と値段の差がありますが、DDJ-RBを選んだ理由は、値段と機能、そして付属するソフトです。

DDJ-RBは定価三万円、そして付属しているRekordboxのフルバージョンは約一万五千円。おわかりいただけただろうか。

死ぬほどいろんなブログで語られていると思いますし、僕が今さら書き直す理由もないのですが、充分な機能を取り揃えたDDJ-RBとフルバージョンのrekordboxが二つセットで三万円という考え方をすると、どう考えても破格。

そしてrekordboxは、今クラブに置かれている機材をほぼ斡旋しているPioneer製。クラブでプレイすることを第一に考えてる僕からするとrekordbox以外の選択肢は無く、何より、家でプレイする上で他のソフトと比べてrekordboxのレイアウト、機能が一番自分に合っている、というのが一つ。

あと、DDJ-RB以上の機能は僕には必要ないというのも一つ。シンプルなものが一番好き。ごちゃごちゃしてても扱えないしね。

てなわけでrekordboxとコントローラが揃ったので、これからいろんな公募にmixを提出したかったりしたくなかったり。落ち着いてイヤホンでmixを聞くと違和感が出やすかったりで難しかったり。頑張ります!

 NZM | Mixcloud

 

 ・GWのお話

何してたか思い出せないけど、地元の駅で人が吐いてるのを何度も見ました。それ以外はお仕事です。おわり。

 

五月ってこんなにしんどかったっけか。

ヒトリゴト

ヒトリゴト

他人からのお題で日記

・USAO

UOM Records主宰/HARDCORE TANO*C所属のアーティスト。FrenchcoreやHardstyleにDubstepやTrap,Twerkなどのジャンルを織り混ぜることを得意とし、唯一無二のサウンドを持ったクリエイター。

近年はKONAMIBEMANIシリーズへの楽曲提供も行っており、デビュー作となったZEDや、beatmaniaIIDX23にて配信された「Dynamite」は大胆なジャンルの差し替えが話題を呼んだ。

彼の持つソリッドで大胆な音楽と彼自信のキャラクターのギャップもファンに愛されるファクターの一つであり、Twitterでの呟きは良い意味でも悪い意味でも驚かされることが多い。

彼の所属するHARDCORE TANO*Cの中でも一番アンダーグラウンドな活動が多く、過去に作ったブートレグや秘蔵音源は彼の熱狂的なファンですら手にしていないものが多いらしい。

Twitterでよく旅をしているツイートを見かけるので旅行が好きなのかもしれない。それ以外の好きなものに関しては彼の人間性を尊守するためここでは語らないで置く。

ちなみに僕はUSAOさんのDestinyという曲が好きです。BREAK OUT WHITEというアルバムに入ってますので是非。

レイバンのサングラス

俺は引っ掛かったことないですが、あれが流行っていた頃は本当にスパムDMが飛んできていたので他人事ではありませんでした。パスワードが十文字以上あったお陰かそういった被害を受けたことは一度もないのですが、こまめにパスワードを変えるようにはしています。

どうでもいいけど俺の一年生の時の担任がレイバンのサングラスをかけていて見るたびに笑ってました。

 

・便通

最近は腹を下しがちでちと辛いです。

 

・オススメのハードコア

最近はOrbit1(Audiofreqの別名義として有名)さんの楽曲にハマっています。

特にThe RealmとOrbit2000という楽曲が好きです。展開の一つ一つが痺れるほどカッコいいので探して聞いてみてください。

国内だと最近はDJ NECOJITAさんを好んで聴いています。スピコアで有名なKobaryoさんの別名義なのですが、Kobaryoさんが好きならちょいちょいおっとなるフレーズや音が使われている上で、それを感じさせない別名義として成立している曲が多いので彼のジャンルの幅広さには脱帽です。Healthy Monsterを聴きましょう。

まだまだ暇なのでなにか書いてほしいことがあったら_cruc1alまでお願いします。

雑記

どうも。

なんか別に一つ一つどうでもいいけど書いておきたいことってあるよね。そういう時は「雑記」って書くと、気持ちが良い!ってことを雑記って言うんだ。

・ATH-LS50

俺の愛用してるイヤホン「ATH-IM50」にどうやら後継機が出てるらしい。去年の11月にオーディオテクニカから出てる「ATH-LS50」がそれらしく、先日秋葉原ヨドバシカメラで視聴してみたところつけ心地も音もIM50のそれだ。
f:id:tmk_egg:20170302180831j:image

 ATH-LS50 | ヘッドホン | 一般製品 | オーディオテクニカ

LS50だけで見るとカラーバリエーションが黒ネイビー赤黄色の四つ。定価七千円とあまり安いとは言えない値段でカラバリが豊富なのは珍しいような。Amazonのレビュー欄もIM50との比較が多く

「IM50が好きなら間違いなく好き」

「つけ心地や高音域の鮮明さがIM50に比べて上がった」

「いい加減独自ケーブルやめてほしい」

「ケーブルが細いので首吊り縄として扱おうとしたら千切れた」 

などの評判が見られ、IM50ファンの僕としては買うしかねえといった感じ。

IM50のリケーブル用のケーブルの在庫がもうないのか、純正のケーブルの値段が高騰していることを受けてそろそろ鞍替え時かなと思っていたのですが、これは良い事を知りました。

Amazonで購入:Amazon CAPTCHA

 *追記 イヤホン新調しました。

買ったのはPioneerのSE-CH9T-K。
f:id:tmk_egg:20170329144737j:image

 SE-CH9T | PREMIUM SOUND | Pioneer

3/17発売のPioneerの新作イヤホン。

MMCX端子搭載のリケーブル可のイヤホンで、純正ケーブルにはiPhoneAndroid両方で使えるリモコンつきのイヤホンだ。定価はだいたい一万二千円ほど。

先日梅田にあるeイヤホンで見かけ、試聴したところとてもビビっとくる音だった上になぜか完品の中古品があり、衝動買いに至ったというところ。

LS50はどうしたんだ!という意見もあるし俺自身もそう思ったが、LS50も試聴したのだが、これは経験ある人は分かると思うけれど耳に入れるときに「ギチッ」という音がするというところと、SE-CH9Tへの好奇心で一旦取り止めた。

実際に家に帰って聴いてみると、非常に好きな音で良い買い物をしたと満足。IM50もLS50も諦める気はなく、今後買い足したいなと言う気持ちである。

/簡易的なレビュー。

*新製品とは言え中古品のため、エージングが済んでいるかは分からない。それを踏まえてのレビューな事をご了承いただきたい。価格帯が近いSE215、自分が愛用しているATH-IM50との比較が多目。

フィット感

かなり良い。ケーブルの先端付近がSE215やIM50のように調整できるタイプでは無いため、耳が痛くなったり眼鏡が邪魔と言うこともなく、快適に使える。本体もコンパクトで耳に深く入ってくれて良い。個人的にはSE215などのSHURE製品よりもフィット感は良いと思う。

ケーブルが細く柔らかく、心許ないと言う印象もあるが、取り回しが楽で使いやすい。

同価格帯のイヤホンと比べてみると高音がかなり元気。シャリシャリしているわけでもなく、こもるわけでもなく、シャリつく限界まで乾かしたような印象。

低音域もそこまで強調されず、しかし鳴らないわけでもなく、こちらも少し乾いた感じの印象。バランスが取れた良いイヤホンだと思う。 

横の幅がIM50に比べてかなり広い。これはIM50の欠点とされていた部分でもあるため一万円帯なら当たり前なのかもしれない。

自分はクラブミュージックを多く聴くため、高音域が元気なのは何よりだけどちょっと長く聴くと疲れるかもしれない。低音重視のジャンルならかなり高低のメリハリがあるので、楽しく聴けてとても面白い。

一万円付近の王道を往くSE215と比べてみると、エージングが終わり、全体的にこもらなくなったSE215と同じかそれ以上と言う印象を受けた。これから鳴らしてみてどう変わっていくのか楽しみである。

/だいたい五十時間ほど鳴らしてみて

初めは薄いなと思っていた低音が牙を剥いた。刺さる寸前だった高音がマイルドになり、聴きやすくなったのと同時に、隠れていた低音も前に出始め、鳴らす前よりも更に高低のバランスがとれたイヤホンになった。

低音が得意なオーテクのIM50より音の幅が広く、かつ少し固めで落ち着いた印象の低音の出し方をするせいか、IM50が少しぼやっとした、全体的にモノラルめいた音に聴こえるようになった。長年覆らなかった俺の中のカーストが変わりつつある。

SE-CH9Tは2017年発売のイヤホンのなかでかなり評判の良いイヤホンらしいが、評判通りの性能であると言える。一万円付近のイヤホンを探している人がいたら是非とも一聴してみて欲しい。 

 ・更新してない間の出来事

12/24-1/1にまた大阪京都高山の旅行をしていた。友人宅でクリスマスをすごし、京都の伏見稲荷で山に上ったり、高山の日枝神社で年を越したりなどまぁまぁ日記に書ける事をしたのだが、書いてないのでそういうことです。気が向いたら書きます。

年が明けてからは毎日が学校に翻弄される日々で、正直なところ思い出したいことでもなく、日記に書くことでもなくて、大変な日々だったので日記を更新してなかったという感じ。

二月と同時にやっていたことも終わりを告げ、終わった次の日にbeconeに足を運んだり、その次の日に突貫で鎌倉までドライブに行ったり、その足で深夜に溝の口に呼び出されたりなど、はちゃめちゃな日々を過ごしていたりする。らしい。まぁなんだ、そのうちまとめて詳しく書きます。そのうち。

 

・数年ぶりに頭を丸めた話

学校の修了公演をやるに当たり(僕が通ってるのは演劇系の専門学校)、僕がやる役が短髪な役だったため、クリスマス前に丸刈りにしてちょうどよく伸びるように整えた。
f:id:tmk_egg:20170302180304j:image

(なぜ横向き)

冬の高山に向かう前に丸刈りにしたのは間違いなくミステイクだった気もするが、まぁちょうどよく伸びたので終わりよければすべて良しって言葉があるようにオーケーだと思います。

ただまぁ、冬の旅行中に完全に風邪を引いたので旅行中はクソほど後悔しました。

 

・数年ぶりにインフルにかかった話

 今年の一月末にインフルエンザA型にかかりました。

坊主にしたことと直接因果関係があるのかは不明ですが、学校での稽古中に非常に調子が悪くなり、医務室で熱を測ってみたところ38℃の熱が出ていたため早退し、次の日に病院へ駆け込んだところ、インフルエンザA陽性反応と言う感じでした。

今年のインフルは非常に症状が“軽”く、早退した当日以降は全く熱も吐き気もなく、五日間の臨時休暇をもらったと言っても過言ではないほどに楽でした。ただ、この症状の軽さが今年のインフル流行の原因のひとつなのかもなと思わなくもなく、“気づかない”ってのはこえぇなぁ?って感じ。

まぁ五日間の休みはそのまま学業の遅れとして響いてきたのでその点においてはインフルこの野郎バカ野郎って感じです。

そんなわけで更新してなかった間にあった出来事を簡潔にまとめてみました。旅行の話は多分別記事でまとめると思います。思うだけならタダ。てなわけでまた。

BO3の話

こんばんは、たまきです。

お久しぶりです。もう三月らしいけどこのブログの上では新年初の投稿となります。明けましておめでとうございました。

震えるほど寒い日も少なくなり、ようやっと春っぽい気候も見えてきて最近は着る服に困ってます。でもよく考えたらいつも着る服に困ってる気もします。皆さんはいかがでしょうか。

さて、ブログを長らく休んでしまっていましたが(書いてなかった訳じゃないよ【3/14】 #ハコナゴ Vol.8 【nagomix渋谷】 - Hardcore nagomix(8ε8))、今回は最近ずっとプレーしているCoD:BO3について個人的に思ってることを書き綴りたいと思います。

 

/レシオ1.00に到達しました

CoDシリーズを始めるに当たって多くの人が最初に目標にするであろう「キャリアレシオ1.00」、先日到達しました。

BO3だけでいうと去年の九月末から約半年、プレー時間は約50時間ほど。キルデス共に8500ほどで到達することができました。

やー長かった。長いか?0.63からスタートして借金(デス-キルの数値)800まで落ち込み、そこから少しずつ借金が減ってくのは自分のことながら胸が熱くなりました。

キルが伸びるようになったきっかけは11月のある日、突然レシオ1.xxの試合が出来るようになったときから。それからは毎試合楽しく、思うように動けることが多くなり、CoDの楽しさを再認識することができましたね。やーゲームって楽しい。

ここ最近は週間月間共に1.30ほどをキープしており、次は2.00ってとこです。貯金一万キルってお前。

/最近の武器事情

BRM最強。いままで使ってなかったのが意味わからないほどに取り回しが安定している。

Gorgonは重く、思うように動けなくて翻弄されてしまうシーンでもBRMならどうにかキルできたり、M-O-Wで安定しない射程の敵も素早く安定したキルが取れる精度といった好きな武器の良いとこ取り具合には感嘆させられました。以前VMPでまぐれでとったブロンズストリーク(10連キル)を取れる試合も生まれてきて、スコアストリークの幅が広がって非常に気持ちが良い。ケルベロスが安定して出せるようになってきたのは本当に成長と言える。

後はICRやPeaceKeeperMk.2などの精度重視のARを使いながら定点ぎみでやってます。NUK3TOWNは削除されろ。

/ステージの話

思うように動けるようになってきたこの頃、ステージと自分のプレースタイルの相性に悩まされ始める。

自分が使う「精度重視の武器」はどちらかというと接近戦よりは少し離れたくらいの戦いに向いていて、ミドル~ロングレンジが多いステージとの相性が良い。

したがって自分はBreachやFrenge、Red Woodなどのステージが好きなのだが、ステージというのはそう選べるものではなく、部屋にいるユーザーの投票次第では自分の嫌いなステージでプレーしなきゃいけないことも多い。

例えばNUK3TOWNやCombine。

BOシリーズでお馴染みのNUK3TOWNはとにかく狭い上、存在するロングレンジは砂と48Dredgeの独壇場であり、なかなか他のLMGでは戦いづらい。

BO3屈指の狭いステージであるcombineは、とにかく長いレンジは砂が張ってることが多く、顔を出したら死ぬというケースが多い。

上記の二つは戦えないことはないし、レシオ的にも悪い数字はあまり出ないが、じゃあ例えばEXODUS。

センターの家から出てこないショットガンをLMGでどう倒す?無理です。どこから敵が来るかわからない入り組んだリスポーン付近でどうやってレンジを保つ?無理です。

てな感じでステージによって「出来なきゃいけないプレースタイル」が変わってくる。

EXODUSに関してはとにかく不人気だから気にしなくても良いかもしれないが、NUK3TOWNやCombineに関してはスコアの効率が非常に高いことから人気はそこそこ高い。なら必要なスキルはなんだ?と言われると砂とSMG、強いて言えば高倍率のエイムとバンパージャンパー(デフォルトと違うボタン配置の通称、ジャンプするボタンが大きく変化する)による飛び回り。これからの課題である。

・そのほか

*パークの話

僕は基本的に

1.アフターバーナー

2.アンテアップ(と早業)

3.デッドサイレンス/ブラストサプレッサー

の三つで運用してる。定点するならアウェアネス必要だろ!とも言われるけどまぁそもそも広い場所でしか構えないのでオールオッケーって感じで。アンテアップは4キルでケアパッケージが出るから僕は好き。スコアの加速はキルの加速だと想ってる。

*スペシャリストの話

僕が使うのは使用頻度順でHive-War Machine-Scythe。完全に気分で使い分けているが、それぞれ一長一短だと思っている。

Hiveに関しては発動ー設置の間にキルされては元も子もないが、確実な場所に仕掛けられればキルを取ることは容易い上に、仕掛けながらも戦うことができるので長期戦に向く。

War machineは完全にその場の勢いでどったんばったん大騒ぎすることしか出来ず(すごーい!)、敵が密集するところに打ち込まなければいけないため、発動中や発動後の隙でまー死ぬ。

Scytheは良い子ちゃんだしどんなレンジでもとにかく見えた敵を排除できるけどHiveほどの面白さはない。面白さを求めるな。

時たまにテンペストやピュリファイアも使うけど癖が強いので気が向いたときだけふな気がする。

*迷彩の話

武器はアイス迷彩一択だけど一応ドロップ品なのでアッシュ迷彩が好き。武器ごとに似合う迷彩も違うし目立ちすぎるのも嫌なので気分で使ってます。

スペシャリスト迷彩はコーディネートふみたいなものなのでキャラに合わせて持ってるもので着せる。どうでもいいけどNOMADのオタク迷彩はリアルすぎて引いた。

*フレンド随時募集中

PSIDはtmk_eggです。こんなやつとやりたい人は至急連絡ください。

登録したらTwitterで一声かけたりしてね→@_cruc1al

12月です

お久しぶりです、たまきです。

12月ですね。と言いつつもう9日ですが。

すっかり寒くなりましたね。11月に雪が降った今年ですが、これからどのくらい冷え込むのでしょうか。

さて、普段と変わらない近況的な日記なのですが、今回は大きな変化がひとつあります。其も含めてお話ししていきたいと思います。

スマホを買い換えた話

先日、iPhoneをポケットにいれたまま遊んでいたところ、反ってしまったのか操作が効かなくなってしまいました。

以前にもこの現象は起きており、その際には修理に出し、本体を交換しました。

ただ今回はすでに購入してから二年経っており、サポート期間も過ぎていたため、無理にでも使わないといけない、幸い、反ったことで反応しなくなっていたので、力づくで曲げることでどうにか使用することができていました。

その結果がこれ。
f:id:tmk_egg:20161209022624j:image

自分の手で自分のiPhoneを割った経験のある人は少ないとは思いますが、割ってしまった僕自信も割った時は理解が追い付きませんでした。

てなわけで買い換え。二年経ってて良かったよ。ほんと。

f:id:tmk_egg:20161209025657j:image

今回選んだのはXperiaXZ。そうです、Androidにしちゃいました。

出て一週間足らずの最新モデルらしいですが、疎いので新機能とかはよくわかりません。ただまぁ選んで間違いじゃなかったなとは思ってます。

以下iOSとの比較。

メリット

・アプリが豊富 

探してみて分かったんですが、どう考えてもアウトだろ、、、ってやつから便利なやつまで色々、iOSでは見たことのないようなアプリが揃っていて驚きました。恐るべしGoogle Play

・外部メモリ

単純なことですが容量には困らない。

・アプリ同士の干渉/音量の個別調整

iOSでは、通話中に動画が見れない、音楽は聴けないなど、アプリ同士の干渉で不便があったのですが、Androidではそれがない。BGMがわりに音楽を聴きつつ通話したり、ゲームをプレイしたりなど様々な点で便利だなーと思う時が多いです。

そして通話音量と音楽の音量が個別に設定できる。これは大きいです。

あとこれはXperiaXZの強みなんですが、ロックボタンの挙動及び、指紋認証の精度が高いし早い。快適。

 

デメリット

・@i.softbank.jpが使用不可に

iOS限定のメアドなんだから当たり前だろとも思うんですが、これは少し面倒。

ただ各サイトから使用するメアドを変更したらそこまで困る話でもなかったのでどうなんだと言うところ。パスワード忘れたら困りもんですね。

・今まで購入したアプリは全て破棄

これも当たり前だし自業自得だろと。

音楽はiTunesで落とせばいいので構わんのですよ。

・キーボードが扱いづらい

慣れの問題でしょうが、しばらくは文字打つのがストレスだなーといった感想。この日記も誤字と戦いつつ書いてます。またそのうち修正禁止日記でも書くかもね。

その他には特に無いですね。iOS限定のアプリが無いことで困ることも今はないです。

 

・BO3の話

IWに見切りをつけ、最近もずっとBO3をプレイしています。

最近ではようやっとキルレシオ1.00を安定して出せるようになり、借金は800デス付近で止まりました。

メイン武器は変わらずMan-o-war。大口径ワンチャンが強すぎてビビってます。

とにかくしばらくは全期間キルレシオ1.00目指して頑張ります。

興味があればtmk_eggまでフレンド依頼でも投げて下さい。

 

・学校の話

11月末に中間試験的なものがあり、9月末から約二ヶ月半バタバタしていたのですが、それがやっと終わりました。

今回取り組んだのはシェイクスピアの「リア王」の抜粋。王様が娘たちに虐められる話ですね。(?)読んで。

そんで僕はリア王をやったわけです。主役やん!と思いつつも4班あったので四人いるうちの一人です。

かなり苦しんで発表を終えたなぁと言う感想。ただまぁ得るものは多かったような、疲れの方が多かったような。

19才が70そこらの爺を演じるのは難しかったなぁと思いました。詳しいことはいい。

 

そんなわけで一息つきたいところなんですが、発表当日に次の台本を渡されました。ひょえ~。年が明けたら年度末まで全日程1~8限あるってよ奥さん!死ぬ!

頑張ります。

 

・12月末から年明けにかけて旅行にいく話

12/24から1/1まで旅に出ます。行き先は大阪京都高山!夏と同じルートです。冬の氷菓聖地巡礼に行ってきます。日記書くぞ!

そしてなんと今回は二人旅!夏に大阪で宿を貸してくれた吉川(仮名)くんを連れて京都高山へ行きます!寒いぞ!

 

というわけで、なんか散らかりましたが、一応Androidに変えてから一発目の日記となりました。文字を打つ練習になるしまたすぐ書くかもしれませんし書かないかもしれません。

頑張って慣れます。

それでは。

Float Away

Float Away

  • Dougal & Gammer
  • ハードコア特集
  • ¥250

 

近況

こんばんは。おはようございますかな?
たまきです。
テーマ無しの日記はかなり久しぶりになりますね。
「早よ高山の日記書けや」って自分でも思うんですが、まあまあ筆が進まないので気分転換がてら。
P.S書けました。読んで。

さて、いつからこういう近況レポートを書いてないんだ?ってブログ見返したら、6月とか書いてあって今ビビってます。書くことたくさんありそうでそんなにないな。とはいえ大きな変化はいくつかあるのでちょっとずつ書いていきましょう。

・PS4を購入した話
最近PS4の新型が発売されましたね。小型化、省電力化、値下げとかなり求めやすくなりました。
そんなわけで僕も波に乗じて買っちゃいました、PS4。
f:id:tmk_egg:20161011041903j:image
一緒に買ったソフトは「Call of Duty:BLACK OPSIII」。前々からPS3でBO2をプレーしたりしていたのですが、やはりメイン戦場はBO3らしく、そのうち買わなきゃなと思ってた矢先に値下げが敢行され、丁度良かったですね。

BO3、SMGが全体的に使い物にならなくなったなーという印象。ARで補えちゃうじゃんこれって感じてます。MP7枠がなんでないんですか💢
SPM130付近、キルレシオ0.65付近と初心者丸出しの数字で頑張ってます。一緒にプレーしてくれる友達が強くて肩身が狭目。IW、MWRに向けてレシオ1は確保したいところ。ちなみにDL特別版を予約購入しました。やるぜ。

ここでちょっと武器の所感をば。
僕がメインで使っている銃は「Man-O-War」と「Gorgon」。それぞれARとLMG。
M-O-Wは3発キルの射程が長く、反動もそこまで大きくない取り回しのいい銃だという感想。ただ瞬間火力はそこまで高くないため、飛び込んで振り回すのはあまり向いてない。
大口径を付ければヘッドショットが1発入れば2発でキル出来るので、そこにワンチャンかけて戦うのも良いらしい。
Gorgonは点レートが非常に高く、芋掘りや遠距離の射撃に向いてる反面、レートが非常に遅く、そして取り回しが悪い。ただし2発キル。
相手にはしたくない銃だが自分で使うと気持ちよく戦える印象。エイム下手くそだし定点が一番です。
ステージも把握できたし、そろそろ1.00目指して頑張りたいんだけど11月にはIWとMWRが待っている。ちょっと困ってる。

FPSだけでなく、PS4で出ている他のソフトも漁っていきたい所存です。FF零式HDとか地球防衛軍5とか気になってますね。マシンパワーをもっと感じたい。
これが良さげーとかあったらこっそり教えてください。

・ONE MORE EXTRA STAGE専用楽曲になった話。
僕が別名義として度々使っている「NZM」という名義があるのですが、その「NZM」が、
beatmaniaIIDX 23 copulaにて、ONEMOREEXTRASTAGE専用楽曲として登場しました。

自分でも何言ってるのかさっぱりですし、解禁当日はIIDXの画面にデカデカと「NZM」って書いてあって茶を噴き出した記憶があります。

アーティストは「The 4th」。Ryu☆kors kのユニットです。まぁこの二人なら光栄かなって。光栄ってお前何様って。

ちなみに僕のNZMはねずみなのですが、多分IIDXのNZMは「のぞみ」だと思われます。
そういえばそろそろIIDXは次の作品になりますね。皆伝取れなかった、、、。

・クラブイベントを立ち上げた話
8月下旬、クラブイベントでよく遊ぶ友人から、
「ハードコアのイベントをやらないか」とお誘いを受け、僕がよくお世話になっている「nagomix渋谷」にて「ハードコアテクノオンリー」のイベントを立ち上げることになりました。

イベントのタイトルは「Hardcore nagomix(8ε8)」通称「ハコナゴ」。
8ε8の由来はnagomixより753、ハードコアから85、
足して838というわけです。

ただDJがいない、ということでTwitter等で募集をかけ、どうにか初回開催と相成ったり、色々あって主催が俺個人になったりと現在もどう運営したものかと模索中。
ただいい人たちに囲まれてイベントをスタートできたなぁと感じています。感謝。

10月現在3回開催しており、盛り上がりはそこそこといったところ。ただイベントのオーガナイザーをして感じたことは、知り合いがどんどん増えるというところ。横の繋がりを増やして名を広めていけたらと思います。頑張る。

ハコナゴ公式アカウント:@Haconago838

・19歳になった
誕生日である10/8を迎え、19になりました。
今年もたくさんのリプライありがとうございました。
ただ日が変わった瞬間はゲームしてたし、その上当日はほぼ寝てました。悲しくなった。
10台ラストの歳だけど変わらずゆったりと過ごしたいです。

では今回はこのへんで。

NZM

NZM

  • The 4th
  • サウンドトラック
  • ¥250


2016夏の旅行:飛騨高山「氷菓」聖地巡礼編

(こちらは夏の旅行:高山編です。)

さて、日記に間を空けると頭から内容が抜けることはいつものこと。データの復旧をかけつつ、頑張って書きます。早速続きからどうぞ。

大阪を出た僕は電車で岐阜駅へ。ここから特急ひだに乗り、高山駅へと向かいます。
ところで18きっぷは特急には乗れないことをすっかり忘れていました。岐阜→高山間の運賃と特急料金で5000円近くかけつつ高山へ。ただ特急ひだは快適だった。隣に座ってた人が氷菓読んでてビビった。

2時間半近くで高山駅へ到着。
f:id:tmk_egg:20160930162124j:image
時刻は8時。この時点で疲れがピークなのですが、夜のうちに一つ訪れたいところがあったので夜の高山を歩きます。
すでに見たことのある街並みで感動していました。

向かうは「不動橋」。ここは、氷菓21話「手作りチョコレート事件」で登場した橋のモデルになった橋で、奉太郎が里志の行動の理由を問い詰める場面で登場した橋です。
f:id:tmk_egg:20160930162101j:image
作中の橋とそっくりそのままで驚きました。
ちなみになぜ夜に訪れたかというと、作中で登場した時も夜だったからですね。雪は降っていませんが。

そのままホテルへチェックイン。この日は何も考えずに寝ました。

次の日の朝。ホテルの無料朝食の時間が終了しており、適当にコーヒーを貰って外へ。
高山に丸一日いたのはこの1日のみだったので、この日が聖地巡礼の本番になります。

最初に向かったのは「鍛冶橋」。
f:id:tmk_egg:20161022004002j:image
OPのタイトルロゴが出ている場面で背景となっている橋になります。
その他「連峯は晴れているか」でのお別れシーンででてきた十字路や、「愚者のエンドロール」で三人から口々に間違いを指摘された奉太郎が座っている円形の椅子もこの付近に点在。
f:id:tmk_egg:20161022013736j:image

早くも氷菓の世界に入り込みつつありますが、ここから更に物語に深く関わる場所へ足を向けていきます。

次に向かったのは「宮川朝市」。
f:id:tmk_egg:20161022004254j:image
OP、「曇り空覗いた予感」のシーンで奉太郎が歩いてるシーンや、
f:id:tmk_egg:20161022013812j:image
四人が集まって階段に座っているシーンなどで登場。
f:id:tmk_egg:20161022014051j:image
あとはタイトルロゴの後ろに写っている川の堰もこの付近にあります。
f:id:tmk_egg:20161022004309j:image
「朝市」なので、午前中は屋台が出され、人で賑わっていました。

宮川朝市を抜け、見えてくるのは「弥生橋」。
f:id:tmk_egg:20161022004330j:image
「連邦は晴れているか」でえると奉太郎が歩いてるシーンや、その他各所に登場する橋です。街灯が特徴的。
ちなみにこの橋の下に、交差するように小さな橋が架かっている描写が、作中OPで登場するのですが、当日は撤去されていました。理由は後述。ちくしょうめ。

更に進むと「宮前橋」。とても大きな鳥居が目印。
f:id:tmk_egg:20161022004406j:image
ただここはあまり作中には登場せず。

そして「不動橋」。
f:id:tmk_egg:20161022004425j:image
夜とはまた雰囲気が変わり、時の流れを感じさせる古き良き橋となります。そういえばとてもいい天気だったな。

そのまま北へ足を向け、向かったのは「斐太高校」。ご存知「神山高校」のモデルとなった高校です。
f:id:tmk_egg:20161022004438j:image
ただ敷地内には立ち入り禁止。撮影できる範囲を撮影できるだけしてきました。
奥の校舎が塗り直されていたり、校門手前の道が改装されていたりと雰囲気の変化はあれど、「神山高校」でしたね。素晴らしい。
f:id:tmk_egg:20161022004451j:image
夏休みなので生徒もほぼおらず、パパッと撮影して出て行きました。

昼飯なんぞ食ってられるかとぼやきながら次の場所へ。次に向かったのは「中田中央薬品」さん。
街の中にあるなんの変哲も無いドラッグストアなのですが、とあるブログを読んでいたときに「巡礼者は寄るといい」と書いてあったので店内へ。
f:id:tmk_egg:20161022004511j:image
店内には氷菓オンリーの同人即売会「神山高校文化祭」のポスターや、少しではありますがグッズが置いてありました。後述しますがちょっと買った。
撮影を快く許可していただいたお店の方に感謝です。

しばらく街を探索。次に向かったのは「飛騨高山アンテナショップ まるっとプラザ」。
ここは飛騨高山のおみやげ屋さんで、店内の一角に氷菓コーナーがあり、そこには巡礼者用の交流ノートが。当日はもちろん、近い日付の書き込みがたくさんあり、僕以外にも同じ目的の人がいるんだとほっこりしました。このあとにも何度か訪れ、ノートを確認していましたが、少しずつ書き込みが増えており嬉しくなりました。ずっと続いて欲しい。

ここからは街を探索するうちに見つけた劇中に登場するお店や通りなどを紹介します。
まずOPから。招き猫の銅像
f:id:tmk_egg:20161022005032j:image
タイトルロゴが目に浮かぶ。

その次、えるが奉太郎に叔父のことを告白した「パイナップルサンド」のモデルとなった「バグパイプ」さん。
f:id:tmk_egg:20161022005111j:image
外観がそのままで感動しました。ただ中には入れなかった。喫茶店には慣れてない。

続いて入須先輩に奉太郎が唆された「喫茶 一二三」のモデルとなった「喫茶去 かつて」さん。
f:id:tmk_egg:20161022005430j:image
この写真がTwitterでは一番反応が多かった気がする。本当にそのままですからね。ただ入って無いです。
この二つは同じ通りにあるので是非とも高山に行った際は訪れて欲しいですね。

そのまま南に向かい向かったのは「日枝神社」。
街から少し外れたところにある神社で、
「あきましておめでとう」やOPに登場する「荒楠神社」のモデルとなった神社さんです。
f:id:tmk_egg:20161022010112j:image
四人が階段を降りているシーンがOPに出てきますね。そっくりそのままで感動しました。
どうやら社務所等も全てそのまま作中に出ているらしいのですが、確認し忘れていました。残念。

街に戻り、次に向かったのは「高山市図書館 煥章館」。
f:id:tmk_egg:20161022010728j:image
「連峰は晴れているか」で登場した「神山市図書館」のモデルとなった図書館です。
f:id:tmk_egg:20161022010802j:image
館内も見たのですが、やはりそっくりそのままで凄かったです。とても趣のある建物でした。

さて、この時点(時刻2時)で大体の行きたいところ、作中で出てきた聖地は粗方回ったのですが、ただ一つ、最終回「遠まわりする雛」で登場した「水梨神社」のモデルとなった「水無神社」のみ回れていません。
そしてその「水無神社」、なんと隣駅「飛騨一ノ宮駅」にあるというのです。電車は本数が少ない、かと言って歩ける距離ではない、となると残された選択肢は自転車です。
すぐにレンタサイクルを行っているお店を探し、自転車を借りて道を調べサドルに跨りました。
f:id:tmk_egg:20161022011217j:image
行くぜ飛騨一ノ宮。

てなわけで訪れたのは「水無神社」。
f:id:tmk_egg:20161022011517j:image
生きびなまつりが実際に行われている神社であり、作中でも同じく生きびな祭りが行われています。
ちなみに「限りなく積まれた例のあれ」の冒頭、えるが祈祷をしているシーンもこの神社です。
幸い高山から片道7km程度だったので思ったより早く到着できました。

f:id:tmk_egg:20161022011611j:image
作中に登場する顔ハメパネルもありました。ただ俺一人だったので顔ははめられず。

そして調べているとどうやら、「狂い咲きの桜」のモデルとなった桜もこの駅付近にあるらしい。

てなわけで訪れたのは「臥竜公園
f:id:tmk_egg:20161022011726j:image
この桜の木の名前は「臥龍桜」。
もちろん夏ですから葉桜です。夏に桜が咲いてたらそれこそ狂い咲きですね。
とても大きな桜で、春にも訪れたいと強く思いました。

高山駅に戻り、自転車を返却。一旦ホテルに戻り荷物を置きます。
ここで買ったグッズや手に入れたパンフなどの紹介。いわゆる戦利品です。
f:id:tmk_egg:20161022011930j:image
左手に持っているパンフレット、2012年に配られ始めたパンフレットなのですが、2016年になっても変わらず配布されており、本当にほっこりしました。
ちなみに街を歩いてる時に、中学生と思われる二人組がこれを持っており、若い世代にも浸透してるんだなとニコニコしてました。俺も若い世代だよ。

日も暮れはじめ、これで探索は終わりかなと思っていたのですが、どうやらこの日(8/9)は、高山市にて「手筒花火大会」が行われる様子。
f:id:tmk_egg:20161022012143j:image
場所は宮川。
どうせなら観に行こうと思ったのですが、まだ時間があり、ホテルでダラダラしていると寝てしまいそうなのでとにかく外へ。

何かないかと調べ、訪れたのは作中で奉太郎の家がある場所。
f:id:tmk_egg:20161022012254j:image
そしてこれは奉太郎の家の前にある神社のモデルとなった「一本杉白山神社」。
f:id:tmk_egg:20161022012412j:image
このアングルだとわかりやすいですね。そうです、現実では奉太郎ハウスがある場所は空き地なのです。よく考えなくても実際に家があったら住人に迷惑になりますからね。

そのあとは少しずつ人が集まりつつあるのを感じつつ、高山市内をぶらぶらしていました。この時点でちょっとおセンチ。
川沿いに座り込みながらぼんやりと考え事をしていると、どうやら祭が始まった模様。

「ていうか手筒花火って何」と思いながら遠くから眺めていると、TVでも見たことのある景色が映っていました。
f:id:tmk_egg:20161022012745j:image
f:id:tmk_egg:20161022012835j:image
なるほどと思いつつ、爆音ときらめく火花を見つめ、旅の終わりを感じていました。

祭の途中ですが、気分は後の祭り。
帰りたくねえ〜〜〜〜と思いつつホテルに帰り就寝しました。

何故か5時に起床、帰りの荷物を整理し、シャワーを浴びてホテルの朝食バイキングを食べます(オニオンスープがうまかった)。
ホテルをチェックアウトし、高山市内を噛みしめるように探索。
f:id:tmk_egg:20161022013055j:image
また来るぞと思いながら電車に乗り込み、帰路へつきました。

地元に着く頃にはボロクソに疲れていましたが、本当に高山は良いところでした。
今回、天候にも恵まれ、偶然とはいえ祭を眺めることもでき、動きたいように動けたことはとても幸運でした。絶対にまた行きます。
というか既に予定は組みました!
次回は冬!手作りチョコレート事件や、あきましておめでとうが作中では同じ季節になります。

ただ、聖地を巡礼したことにより、どれだけキャラクターに思いを馳せようが、キャラクターが生活している場所に来ようが、自分自身はキャラクターにはなれず、同じ時間を過ごすこともできないということを強く実感しました。現実は辛い。
ただこのことを実感したことにより、自分の目標や夢をもう一度見直すきっかけができたことは、良かったことだと思います。

てなわけで、2ヶ月遅れのレポートでしたが、いかがでしたでしょうか?読んでいただいたみなさんにも是非とも高山に訪れてほしいと思います。聖地抜きにしても良いところです!
次回更新は多分冬になると思われます。よろしくお願いします!それでは!

優しさの理由

優しさの理由


※巡礼中及び記事作成に参考にさせていただいたブログ:渚屋blog